松竹の2000本以上の映画作品から、オススメ映画をご案内

文字サイズ

2023年6月

6/2

ローズの日

『ローズメイカー 奇跡のバラ』

バラで有名なブルガリアでは6月にバラの収穫を祝う感謝祭が行われることから制定されました。世界最高峰のバラのコンクールに挑む育種家と落ちこぼれの素人3人組を描いた『ローズメイカー 奇跡のバラ』をお楽しみください。

6/4

武士の日

『武士の一分』

武(6)士(4)の語呂合わせと大阪夏の陣の終結が新暦の6月4日と推定されることから制定されました。『武士の一分』で幕末の海坂藩の下級武士・三村新之丞が、武士の矜持として譲れないものがあるという生き方をぜひご堪能下さい。

6/5

ろうごの日

『くじけないで』

6(ろ)、5(ご)の語呂合わせから。高齢者が楽しく、元気に、夢と希望を持って生活できる生き方を考える日。98歳で初出版した詩集がベストセラーになった柴田トヨさんを描いた『くじけないで』で生き生きした人生を味わってください。

6/6

楽器の日

『クレッシェンド 音楽の架け橋』

昔から芸事を始めるのは6歳の6月6日という習わしがあったことに由来し、楽器を演奏する楽しさを知って始める日です。『クレッシェンド 音楽の架け橋』で、音楽が敵と味方の壁を壊してくれる素晴らしさをご堪能下さい。

6/9

ロックの日

『日々ロック』

6と9で「ロック」と読む語呂合わせから、偉大なロック・ミュージックを称える日。日本一ヘタレなロッカーとトップアイドルが出会ったことで生まれる胸熱のロック・エンタテインメント『日々ロック』をぜひご覧ください。

6/11

傘の日

「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」

暦の上で入梅にあたるため、この日は「傘の日」に制定されました。傘が印象的な「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」をお楽しみください。

6/12

恋人の日

『恋人たち』

ブラジルのサンパウロでは縁結びの神様・聖アントニウスの命日の前日を「恋人の日」として、恋人がフォトフレームを贈りあう習慣があるそうです。3組の恋人たちの姿を描き、映画賞を総なめにした「恋人たち」をぜひご覧ください。

6/13

はやぶさの日

『おかえり、はやぶさ』

2010年、小惑星探査機「はやぶさ」が地球に奇跡的な帰還を果たした日。「はやぶさ」プロジェクトを成功させるため尽力した人々を描いた『おかえり、はやぶさ』で、あの時の感動を思い出して下さい。

6/17

原節子さん誕生日

『晩春』『麥秋』『東京物語』など

小津安二郎監督の作品をはじめ多数の作品に出演し、日本を代表する女優・原節子さんが生まれた日です。数多くの名作に出演されていますが、まずは小津監督の”紀子三部作”をご覧ください。

6/18

父の日

「息子」

毎年6月の第3日曜日は父の日です。お父さんに日頃の感謝をする日。岩手県の山奥で暮らす父親と、都会でフリーターをしている息子との心の葛藤と交流を描く「息子」を見て、父と子のあり方を考えてみるのも良いかもしれません。

6/19

ベースボール記念日

『野球少女』

1846年、アメリカニュージャージー州で公式記録として初めて野球の試合が行われた日。

6/24

UFOの日

『吸血鬼ゴケミドロ』

1947年のこの日、アメリカ・ワシントン州で初めて空飛ぶ円盤が目撃されました。タランティーノ監督を魅了した地球外生命体の吸血生物ゴケミドロの恐怖をぜひご堪能下さい。

6/25

松竹蒲田撮影所開所の日

『キネマの天地』

1920年のこの日、映画界進出を決めた松竹が、蒲田撮影所をオープンしました。第1作目は『島の女』。活気に溢れる蒲田撮影所の様子は、映画『キネマの天地』でも描かれています。

6/26

露天風呂の日

『いい湯だな全員集合!!』

6、26を「6(ろ)、(てん)、26(ふろ)」の語呂合わせから露天風呂発祥の地、岡山県湯原温泉で制定されました。

6/29

倍賞千恵子さん誕生日

『下町の太陽』『幸福の黄色いハンカチ』『男はつらいよ』シリーズ他多数

『男はつらいよ』などの山田洋次監督作品をはじめ、多数の作品に出演した名女優・倍賞千恵子さんが生まれた日です。

TOPへ戻る