松竹の2000本以上の映画作品から、オススメ映画をご案内

文字サイズ

釣りバカ日誌(第1作)

公開年月日
1988年12月24日
キャスト
西田敏行
三國連太郎
石田えり
山瀬まみ
アパッチけん
戸川純
名古屋章
丹阿弥谷津子
谷啓
スタッフ
原作:やまさき十三(作)/北見けんいち(画)
脚本:山田洋次/桃井章
監督:栗山富夫
撮影:安田浩助
照明:飯島興一
美術:重田重盛
音楽:三木敏悟
区分
邦画
ジャンル
コメディ
本編尺
93分
カラー
カラー
製作国
日本
製作年
1988年
ロケ地
香川県 高松市
公式サイト
https://www.cinemaclassics.jp/tsuribaka-movie/

Introduction(作品紹介/概要)

ご存知ハマちゃん&スーさんのコンビが贈る国民的大人気コメディの記念すべき第1作!すでに輝かしいキャリアを築いていた西田敏行が、趣味と家庭のみに生きるサラリーマンを活き活きと演じ代表作となった。三國連太郎もまた、日本を代表するベテラン俳優だが、この異色のキャスティングは大きな話題となり、「ハマちゃんとスーさんの秘密の関係」は笑いを生む原動力となっている。谷啓の佐々木課長、中本賢の太田八郎といったレギュラーも本作から登場。

Story(あらすじ)

四国・高松で暮らす釣りバカの浜崎伝助(西田敏行)は、ある日突然、東京本社への転勤辞令を受けた。しぶしぶ辞令に応じて、北品川の釣り宿の2階に間借りする伝助。課長(谷啓)に小言を言われようとどこ吹く風、反省のない本社勤務を続ける。社長の鈴木(三國連太郎)と出会ったのは、そんな日の地下の食堂街。仕事に情熱のない伝助は社長の顔を知る筈もない。その日から“浜ちゃん”、“スーさん”と呼び合う奇妙な間柄になっていく2人だった…。一見ヤボだが、誰からも愛される男、浜崎伝助のコミカルな人生を、栗山富夫監督が人情味豊に綴ったサラリーマン讃歌。

「釣りバカ日誌(第1作)」を見る

ご自宅で、ゆっくり何度でも。

いつでも、どこでも、お好きなサービスで。

「釣りバカ日誌(第1作)」のちょっといいセリフ

僕はあなたを幸せにする自信はありません。しかし、僕が幸せになる自信は絶対ある!

セリフを選んだ理由
みちこさんがスーさんに話した、ハマちゃんのプロポーズの言葉です。こんなプロポーズされたら、絶対にOKっていいたくなりますよね。
TOPへ戻る