松竹の2000本以上の映画作品から、オススメ映画をご案内

文字サイズ

釣りバカ日誌9(第10作)

公開年月日
1997年9月6日
キャスト
西田敏行
三國連太郎
風吹ジュン
小林稔侍
スタッフ
原作:やまさき十三(作)/北見けんいち(画)
脚本:山田洋次/朝間義隆
監督:栗山富夫
撮影:花田三史
照明:渡邊孝一
美術:横山豊
音楽:かしぶち哲郎
区分
邦画
ジャンル
コメディ
本編尺
115分
カラー
カラー
製作国
日本
製作年
1997年
ロケ地
鹿児島県 甑島
公式サイト
https://www.cinemaclassics.jp/tsuribaka-movie/

Introduction(作品紹介/概要)

親友が出世しても何の屈託もないハマちゃんは、釣りバカのネットワークを活かして、独自の営業スタイルで商談を成立させる。「浜崎のようなやり方もあるんだ」と感心する馬場。ハマちゃんの趣味を生かした人脈による仕事ぶりも見もの。また、男ヤモメの馬場とスナックのママ・茜のラブ・ロマンスが丁寧な描写を積み重ねて展開される。馬場と引きこもりがちな息子をめぐるエピソードも深い印象を残す。「男はつらいよ」シリーズの山田洋次と朝間義隆コンビの名脚本、栗山富夫監督の演出、落ち着いた味わいの作品。

Story(あらすじ)

営業部の新任部長として、浜ちゃんの同期の馬場(小林稔侍)が配属された。馬場は浜ちゃんとは正反対の仕事人間で、社長の鈴さんの信頼も厚く出世も早い。鈴さんは彼の為に再婚相手を考えていたが、馬場には惚れているバーのママ・茜(風吹ジュン)がいた。なかなか告白できない馬場だったが、浜ちゃんのアドバイスを受け一大決心して茜の店を訪れる。が、馬場を待っていたのは、田舎へ帰るという茜の言葉だった・・・。

「釣りバカ日誌9(第10作)」を見る

ご自宅で、ゆっくり何度でも。

いつでも、どこでも、お好きなサービスで。

6月29日(土)18:30 ~

釣りバカ日誌9(第10作)

BSBSテレ東

「釣りバカ日誌9(第10作)」のちょっといいセリフ

だって、後悔しない人生なんてないんじゃありません?

セリフを選んだ理由
スーさんが後継者として目をかけていた営業部長の馬場(小林稔侍)が、会社を辞めて好きな女性(風吹ジュン)の故郷の鹿児島で再婚する人生を選んだことに失望したスーさんが、家で「あいつは絶対後悔するよ」と言った時に妻の久江(奈良岡朋子)がかけた言葉。人生の選択で迷った時に背中を押してくれるセリフです。
TOPへ戻る