松竹の2000本以上の映画作品から、オススメ映画をご案内

文字サイズ

釣りバカ日誌2(第2作)

公開年月日
1989年12月27日
キャスト
西田敏行
三國連太郎
石田えり
原田美枝子
谷啓
アパッチけん
戸川純
丹阿弥谷津子
スタッフ
原作:やまさき十三(作)/北見けんいち(画)
脚本:山田洋次/堀本卓
監督:栗山富夫
撮影:安田浩助
照明:飯島興一
美術:重田重盛
音楽:久石譲
区分
邦画
ジャンル
コメディ
本編尺
96分
カラー
カラー
製作国
日本
製作年
1989年
ロケ地
愛知県 握美半島
公式サイト
https://www.cinemaclassics.jp/tsuribaka-movie/

Introduction(作品紹介/概要)

第1作で四国に転勤したハマちゃんだったが、シリーズ化が決定した2では、鈴木建設営業三課員として登場。ハマちゃんが、郷里の兄の葬儀と偽って会社をサボった事がばれ、懲罰委員会に掛けられたり、スーさんが旅先で出会うマドンナ・原田美枝子が登場したり、にぎやかな展開となる。

Story(あらすじ)

建設会社の有給休暇消化率No.1社員、浜崎伝助と社長の鈴木一之助。二人はひょんなことから社内で内緒の釣り仲間だった。ある日一之助は、医者に、「長生きしたいのなら社長をやめろ」と言われ、自らの老いに気付くと共に、後継者がいないことに焦りを感じた。渥美半島の伊良湖岬は、黒潮洗う絶好の釣り場。ふらっとそこへ出掛けた一之助は、海岸で倒れてしまい、間宮弥生(原田美枝子)という女性に助けられる。一之助の身を案じて伊良湖岬にやってきた伝助が、そこで女連れの一之助を見かけたことから話はややこしくなっていった・・・。

「釣りバカ日誌2(第2作)」を見る

ご自宅で、ゆっくり何度でも。

いつでも、どこでも、お好きなサービスで。

5月27日(月)08:30 ~

釣りバカ日誌2(第2作)

CS衛星劇場

「釣りバカ日誌2(第2作)」のちょっといいセリフ

社長の資格は第一に運の強さ。第二に周りを明るくする性格。

セリフを選んだ理由
鈴木建設の後継者についてスーさんが考える経営者の資質。なぜか浮かんでくるのは会社幹部ではなく、ハマちゃんの顔でした。
TOPへ戻る