松竹の2000本以上の映画作品から、オススメ映画をご案内

文字サイズ

左近捕物帳 鮮血の手型

公開年月日
1950年12月2日
キャスト
阪東妻三郎
美空ひばり
市川小太夫
花柳小菊
村山知英子
小堀誠
南光明
堺駿二
永田光男
北龍二
スタッフ
脚本:八尋不二
監督:原研吉
撮影:森田俊保
美術:桑野春英
音楽:加藤光男
区分
邦画
ジャンル
時代劇
本編尺
91分
カラー
モノクロ
製作国
日本
製作年
1950年

Introduction(作品紹介/概要)

脚本は八尋不二、監督は原研吉。主な俳優陣は、歌舞伎の市川小太夫、美空ひばり、花柳小菊、村田知英子、小堀誠、それに最初主演を予定されていた阪東妻三郎が病気回復して軽い役で特別出演している。

Story(あらすじ)

塙左近(市川小太夫)は大江戸の盛り場で近頃顔を売っている浪人者だったが、絶対に刀を抜かないことと人前で肌を脱がないことでも有名であった。ある夜流しの姉妹が覆面武士たちに囲まれているのを助け、姉は見失ったが、妹みどり(美空ひばり)を家へ連れ帰った。その夜以来細川家の江戸屋敷では次々と家臣が殺され、常にその現場には大きな鮮血の手型が残されてあった。八丁堀同心黒部三十郎(北竜二)は左近を犯人と思い込み、つけまわしていたが、禁制のキリシタン宗徒をさぐる女間諜お吟(村田千栄子)も、左近に近づいていた。みどりの姉おけい(花柳小菊)は、ある日ひょっこり姿を現し、みどりと一緒にずうずうしく左近の家に居ついてしまったが、あることから、左近はおけいが細川家の殺人犯人であると知り、同時にみどりが緑丸という細川家の正嗣であるにも拘らず、悪臣共に退けられ殺されそうになったのをおけいが救い出して逃げたことや、その復讐としておけいが悪臣共を手にかけていたことを知った。細川家のお家騒動はついにお上によって正しき裁きが与えられ、緑丸は晴れて国元へ帰還した。キリシタンである左近は、殺人の罪はたとえ動機がどうであっても神の正しき裁きを受けるべきだとおけいに説いて聞かせるのであった。

TOPへ戻る