松竹の2000本以上の映画作品から、オススメ映画をご案内

文字サイズ

戸田家の兄妹

公開年月日
1941年3月1日
キャスト
藤野秀夫 
葛城文子 
吉川満子 
斎藤達雄 
三宅邦子 
佐分利信 
坪内美子 
近衞敏明 
高峰三枝子 
桑野通子 
河村黎吉
スタッフ
脚本:小津安二郎/池田忠雄
監督:小津安二郎
撮影:厚田雄春
美術:浜田辰雄
音楽:伊藤宣二
区分
邦画
ジャンル
人間ドラマ
本編尺
105分
カラー
モノクロ
製作国
日本
製作年
1941年
公式サイト
https://www.cinemaclassics.jp/ozu/

Introduction(作品紹介/概要)

中国戦線から帰還した小津安二郎の久々の作品は、父の死をきっかけに解体してゆく大家族を描き出した、大船スター総出演の家族劇。結末のシーンで、兄や姉の親不孝ぶりを批判する次男の言葉は、その決然とした態度によって強いカタルシスを感じさせる。1941年度キネマ旬報ベストテン第1位。

Story(あらすじ)

戸田家の当主(藤野秀夫)が亡くなり、借財の整理に本宅などを処分することになった。母(葛城文子)と三女の節子(高峰三枝子)は、当分の間長男の進一郎(斎藤達雄)の家に身を寄せることになる。次男の昌二郎(佐分利信)は、自分のことは心配ないと兄に告げ天津へ旅立つ。母と節子は、進一郎の妻(三宅邦子)から冷たくされて長女の千鶴(吉川満子)の家に移るのだが…

「戸田家の兄妹」を見る

ご自宅で、ゆっくり何度でも。

いつでも、どこでも、お好きなサービスで。

4月19日(金)09:35 ~

戸田家の兄妹

CS衛星劇場

TOPへ戻る