松竹の2000本以上の映画作品から、オススメ映画をご案内

文字サイズ

恋わずらいのエリー

公開年月日
2024年3月15日
キャスト
宮世琉弥
原 菜乃華
西村拓哉
白宮みずほ
藤本洸大
綱 啓永
⼩関裕太
スタッフ
原作:藤もも『恋わずらいのエリー』(講談社「デザートKC」刊)
監督:三木康一郎
脚本:おかざきさとこ
音楽:林イグネル小百合
主題歌:NiziU「SWEET NONFICTION」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
区分
邦画
ジャンル
ラブストーリー
コメディ
本編尺
108分
カラー
カラー
製作国
日本
製作年
2024年
公式サイト
https://movies.shochiku.co.jp/lovesickellie/

Introduction(作品紹介/概要)

本作は、単行本累計発行部数210万部を突破した、藤ももによる同名コミックの実写映画化。
誰もが一度は思い描く、推しとの両想い。それが現実になるという夢のような展開で、ティーンの憧れが詰まったノンストップ♡ミラクルラブストーリーです。
学校イチのさわやか王子でありながら、実は口の悪いウラオモテ男子・オミくんこと近江 章(おうみ・あきら)を演じるのは、映画初主演となる宮世琉弥。
ともすると嫌なヤツに映りかねない二面性のある役ですが、さわやか王子、ウラオモテ男子、どちらの面のオミくんも、血の通った人間として、魅力的に演じています。
そのオミくんを眺めつつ、日々妄想をSNSでつぶやく、妄想大好き女子・エリーこと市村恵莉子(いちむら・えりこ)を演じるのは、恋愛映画初主演となる、原 菜乃華。妄想中のヨダレ顔(変顔)から恋する乙女顔まで、くるくる変わる表情を、等身大の可愛らしさと説得力を持って魅せました。
二人を取り巻く登場人物には、西村拓哉、白宮みずほ、藤本洸大、そして綱 啓永、さらに小関裕太と、今人気急上昇中の最旬キャストが大集結。
監督は、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(16)、『旅猫リポート』(18)、『弱虫ペダル』(20)など幅広いジャンルの作品を手掛ける三木康一郎。
主題歌はNiziUの新曲「SWEET NONFICTION」に決定!本作のテーマに寄り添った、ハッピーでポップなアップチューンがさらに映画を盛り上げます。

Story(あらすじ)

学校イチのさわやか王子・オミくん(宮世琉弥)を眺めつつ、彼との妄想を“恋わずらいのエリー”の名前でSNS上でつぶやくのが日課の妄想大好き女子・エリー(原 菜乃華)。ところが、パーフェクトだと思っていたオミくんは、実は口が悪いウラオモテ男子だった!しかも、超恥ずかしい妄想が彼にバレてしまい、絶体絶命の大ピンチ…のはずが、「その妄想、叶えてあげてもいーよ?」と、オミくんはエリーを面白がり、まさかの急接近!
最初こそオミくんの裏の顔にショックを受けたエリーだったが、彼の飾らない素の部分を知っていくうちに恋心も妄想も、さらに膨らんでいく。
そんなある日、ちょっと変わったクラスメイト・要くん(西村拓哉)に“恋わずらいのエリー”であることがバレてしまう。
エリーに興味を持った要くんは、急に距離を詰めて「友達になって」と迫り、まさかの三角関係…?! 果たして、オミくんとエリーの恋の行方は…?

BD&DVD 8/28発売決定コメント

「恋わずらいのエリー」を見る

ご自宅で、ゆっくり何度でも。

TOPへ戻る