松竹の2000本以上の映画作品から、オススメ映画をご案内

文字サイズ

黒の天使Vol.1

公開年月日
1998年5月30日
キャスト
葉月里緒奈
高島礼子
根津甚八
椎名桔平
スタッフ
原作:石井隆
脚本:石井隆
監督:石井隆
撮影:佐藤和人
照明:牛場賢二
美術:山崎輝
音楽:安川午朗
区分
邦画
ジャンル
アクション
人間ドラマ
本編尺
106分
カラー
カラー
製作国
日本
製作年
1998年

Introduction(作品紹介/概要)

復讐に燃える女ヒットマンの姿を描いたノワール・ムード漂うアクション活劇。監督・脚本は『GONIN2』の石井隆。撮影は佐藤和人。主演は『パラサイト・イヴ』の葉月里緒菜、『陽炎3』の高島礼子。98年シアトル国際映画祭正式出品作品。

Story(あらすじ)

一光(葉月里緒奈)は6才の時に暴力団の内部抗争に巻き込まれ、目の前で親を殺される。安田と黒の天使と呼ばれた女ヒットマン・魔世(高島礼子)に助けられアメリカへ渡った一光は、数年後復讐心を胸に帰国。魔世を慕う一光は、自らも黒の天使と名乗り行動を開始する。復讐の相手、野木(根津甚八)は一光の父親の跡目を継いで、今や黒社会を牛耳るまでの存在になっていた。だが、義理の姉である千明(小野みゆき)が野木の愛人に、そして命の恩人であり理想の女性であった魔世が麻薬漬けにされた挙げ句、野木の情婦に身を堕としていることを知り、一光は大きなショックを受ける。しかし、そんな魔世に失望しながらも、一光は野木への復讐を開始する。その姿に心を打たれた魔世は、麻薬や野木と手を切り、一光を守ることによってかつての自分を取り戻そうとする。

TOPへ戻る