松竹の2000本以上の映画作品から、オススメ映画をご案内

文字サイズ

非常線の女

公開年月日
1933年4月27日
キャスト
岡譲二
田中絹代
水久保澄子
三井秀男
逢初夢子
高山義郎
加賀晃二
南條康雄
谷麗光
竹村信夫
鹿島俊作
西村青児
スタッフ
原作:ゼームス槇
脚色:池田忠雄
監督:小津安二郎
撮影:茂原英朗
美術:脇田世根一
区分
邦画
ジャンル
ミステリー・サスペンス
本編尺
100分
カラー
モノクロ
製作国
日本
製作年
1933年
公式サイト
https://www.cinemaclassics.jp/ozu/

Introduction(作品紹介/概要)

岡譲二と田中絹代を暗黒街の男と情婦に配した異色の和製ギャング映画。二人は与太者とその可憐な姉を自分の属す悪の世界から救う。若き小津のアメリカ映画好きを窺わせる“洋才”の作品だが、衣装・美術に至るまで細部のセンスの良さには目を瞠らされる。
<サイレント作品>

Story(あらすじ)

時子(田中絹代)は昼間はタイピストとして働いているが、私生活では三流ヤクザの襄二(岡譲二)と一緒に暮らしている。学生の宏(三井秀夫)もその仲間に加わるが、襄二は彼の姉・和子(水久保澄子)に惹かれる。時子はそれを知り、和子を脅そうとするが逆に彼女を気に入り、自分や襄二もアウトローな世界から足を洗おうと決心する。襄二も同意するが、宏が窃盗を働き襄二はそれをかばうため最後の一仕事をやるはめになる。襄二と時子は社長から金を盗み、宏にその金を与える。警察から逃れようとしながらも、時子は襄二に自首するよう説得するが聞き入れられず…。

「非常線の女」を見る

ご自宅で、ゆっくり何度でも。

いつでも、どこでも、お好きなサービスで。

3月24日(日)19:00 ~

非常線の女

BSWOWOW

TOPへ戻る