松竹の2000本以上の映画作品から、オススメ映画をご案内

文字サイズ

東京の女

公開年月日
1933年2月9日
キャスト
岡田嘉子
江川宇礼雄
田中絹代
奈良真養
スタッフ
原作:エルンスト・シュワルツ
脚本:野田高梧/池田忠雄
監督:小津安二郎
撮影:茂原英朗
美術:金須孝
区分
邦画
ジャンル
人間ドラマ
本編尺
47分
カラー
モノクロ
製作国
日本
公式サイト
https://www.cinemaclassics.jp/ozu/

Introduction(作品紹介/概要)

警察ににらまれた姉の身を案ずる弟の苦悩を描き、時代の行き詰まった空気も感じさせる一篇。現存する数少ない岡田嘉子主演の小津作品で、監督自身は、低いアングルなどの画面ポジションはこの頃決まったと回想している。なおシュワルツなる原作者は架空の人物。
<サイレント作品>

Story(あらすじ)

学生の良一(江川宇礼雄)は、姉のちか子と2人で暮らしていた。ちか子(岡田嘉子)は会社勤務のタイピストだが、退社後は大学で翻訳の手伝いをしていると聞かされていた。ところがある日、良一の恋人春江(田中絹代)が兄から、ちか子が退社後に翻訳をしていると言うのはウソで、実際は酒場で水商売をしているという噂を聞かされた。春江はそのことを良一に話したが、良一は噂を否定し、喧嘩になってしまった。良一は噂を否定したものの気になり、ちか子を問い詰めた。噂は事実だったが、ちか子は良一には関係のないことだと言い、良一はちか子を殴って家を出しまう…。

「東京の女」を見る

ご自宅で、ゆっくり何度でも。

4月18日(木)24:30 ~

東京の女

BSWOWOW

TOPへ戻る