松竹の2000本以上の映画作品から、オススメ映画をご案内

文字サイズ

2024.02.28

  • 邦画

🎬映画『男はつらいよ』誕生55周年🎉「Go!Go!寅さん」プロジェクト始動🎊

今年2024年は🎬映画『男はつらいよ』誕生55周年!🎉

「Go!Go!寅さん」プロジェクト始動!🎊

                                                                                     ã€€ ↑ 『男はつらいよ』55周年「Go! Go! 寅さん」プロジェクト:キービジュアル

 人類初の月面着陸が成功し、高度経済成長に日本中が沸き返っていた昭和44年(1969年)8月27日。1本の映画が劇場公開されました。山田洋次監督、渥美清主演による『男はつらいよ』は、人々を笑いと涙で包み込み、のちにギネスブックに認定されるなど、総観客動員数8,000万人を超える国民的映画シリーズとなりました。

 平成を経て、令和元年(2019年)には50周年を迎え、それまでの全49作が4Kデジタル修復技術によって蘇り、奇跡の第50作『男はつらいよ お帰り 寅さん』が製作され、日本中に再び寅さんブームを巻き起こしました。

 その後、世界中を襲ったコロナ禍は、社会も、人々の意識や行動も一変させました。そして、そのコロナ禍からの出口がようやく見えた2024年、第1作の劇場公開から55周年を迎えます。

 すべての人々の背中を“55”(ゴーゴー)と押してくれる寅さんの笑顔と言葉とともに、55周年プロジェクト「Go! Go! 寅さん」を、下記のコンセプトのもと、盛りだくさんのメニューを、2025å¹´12月31日まで約2年かけて『男はつらいよ』の魅力をさらに多くの人にお届けしてまいります。今回は第一弾として、そのうちの一部を発表させていただきます。

⭐️こんな生きにくい窮屈な世の中だから...寅さんの言葉の数々を伝えたい‼️

失敗することを恐れ、一度のミスも許されないように感じる社会は、SNS等での「炎上」という現象とセットなのかも知れません。

思い返せば車寅次郎=寅さんは失敗ばかり。心優しい柴又の家族とは些細なことで大ゲンカをして飛び出し、高嶺の花のマドンナに恋をしてはフラれる……。

でも、寅さんは何度でも仲直りをして、また恋をする。失敗を繰り返しながらも前向きなのです。
そんな寅さんが発する言葉は、いつでも私たちを励ましてくれます。『男はつらいよ』シリーズと寅さんが、また日本中を元気づけてくれるのです。

⭐️寅さんと『男はつらいよ』は世代を越える。ミレニアル世代、Z世代にも観て欲しい‼️

祖父母・親・孫の三世代が楽しめる、松竹映画の王道『男はつらいよ』。

映画に描かれる普遍的な家族の愛情、懐かしい昭和の原風景、時代を超える渥美清さんの喜劇的感性。

1本の映画を通して、家族が語り合えるのも、55年にわたって愛されてきた『男はつらいよ』シリーズならではのポイントです。

以上をコンセプトに、下記のような、様々な企画などを色々と発信して参ります!💪

①「Go!Go!寅さん」プロジェクト キービジュアル&ロゴ決定!

←キービジュアル   ←ロゴ

キービジュアルは、「Go!Go!寅さん」プロジェクトのコンセプトに沿って、「明るく、前向きな寅さんの笑顔」を前面に押し出し、軽やかな跳躍で勢いを表現しています。また、「そうよ、人生は賭けよ。」というコピーは、『男はつらいよ 純情篇』(第6作/1971年)より、“挑戦する人々の背中を押し、励ましてくれる”寅さんのセリフを大きく打ち出しています。ロゴには寅さんのトレードマークの一つでもある、こだわりのハットをあしらい、こちらも軽やかなイメージを表現しています。

②NHK-BS 特別番組「渥美清にあいたい 山田洋次と黒柳徹子が語る」(仮題)  3/17(日)放送

番組名「渥美清にあいたい 山田洋次と黒柳徹子が語る」(仮) 放送日時…3/17(日)14:49~15:48

脚本・演出を手掛け活躍する山田洋次。テレビ・舞台で“笑い”を届ける黒柳徹子。90歳を超える2人が今、どうしても語りたい人がいる。盟友「渥美清」だ。兄妹の様に仲が良かった黒柳、「男はつらいよ」をともに作つくりあげた山田。2人が「私しか知らない渥美清」を語り合う。 「夢であいましょう」などの貴重な映像と共に明かされる知られざるエピソード。渥美清にしか作れなかった笑いの秘密が今、浮かび上がる。

また、特番にあわせて同局では映画『男はつらいよ』シリーズから特選の4本を放映

 ●3/4(月)13:00~『男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け』(第17作/1976) ●3/5(火)13:00~『男はつらいよ 噂の寅次郎』(第22作/1978)

 ●3/17(日)13:00~『男はつらいよ 柴又慕情』(第9作/1972) ●3/24(日)12:25~『男はつらいよ 奮闘篇』(第7作/1971)

③第1作『男はつらいよ』 (1969)を、シリーズ初の「4K UHD」で発売予定!

2024年発売予定!Blu-rayよりも更にクリアかつ美しい画面で、記念すべき第1作『男はつらいよ』をみることができる!フルHDの4倍!「3840ピクセル×2160ピクセル」の解像度(画素数)で、質感や物の細部までよりリアルに再現されています。

その圧倒的な映像の美しさや鮮やかさが映画ファンから人気を博し、洋邦問わず名作の4K UHD化が続々と発表されています。古き良き昭和のあたたかな雰囲気や下町の景色と共に、元気はつらつな寅さんのハチャメチャぶりが爆笑を誘う第1作『男はつらいよ』をぜひ4K UHDでお楽しみ下さい!

※発売時期など詳細が決定次第、発表させていただきます。

④「辰年の寅さん」 グッズ Merch on Demand で発売開始!

Amazon限定で発売している「Merch on Demand」サービスでの松竹映画アパレル・グッズ・シリーズ。「寅年」をきっかけに毎年干支シリーズの「〇年の寅さん」ロゴ入りグッズを制作しています。

そして2024年の最新版「辰年の寅さん」ロゴ入りグッズが登場しました。

昇り龍がモチーフの切手ロゴ&カンフーポーズの寅さんシルエットで構成されたデザイン。天高く昇る龍のように「成功」や「向上」したい人には見逃せないアイテムです。

     âž¡è©³ç´°ãƒ»ã”購入は

⑤山田洋次監督から『男はつらいよ』55周年に際してメッセージコメントが到着!

        

この記事をシェアする

TOPへ戻る